HOMEへ戻る
Google

2005年11月13日

ひとりっ子病

2004年1月28日(水)

あのさーー、あんた ひとりっこ病って知ってるか?

友人が突然、電話で言う。

ち:

知らんよ、そんなの?何、それ?

友:

あのな、一人っ子はな、なんでも親に貰えるやろ。
取り合いとか せんでええやろ。
せやからな、物に対する執着がないねん。
だからな、よそに行っても 何でも 忘れてくるねん。

ち:なるほど、昨日の忘れ物の事を言いたいんやな。

友:

わはは、分かった?
うちのお坊ちゃま(旦那)に食べさせようと思ってた
チキンと蟹、あんたとこに忘れてしもたわ。

ほんと これやから、一人っ子は困るなあ!

ち: (心の声)

・・・・ひとりっこ じゃなくても、忘れるんだけど・・。

ちーひめ、長女なんですけど・・。
2つ以上荷物を持っていると、気を付けてないと
一個どっかに置き忘れちゃうんですけど・・・・。

ちーひめ@優雅で冷静沈着(になってみたいものだ)掲示板も見てみる
posted by ちーひめ at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

数学教授の子育て・教育の悩み?

2004年1月28日(水)追加ぶん

別に深い意味はないんだけど、
なんか突然思い出したので、ちょっと書いとこうと・・。

大学のときにさ、数学の教授がぼやいてたんだよね・・。

娘のなー、算数の宿題手伝ってやったんやけどな、
パパ、嘘教えたわねっ!って 思い切り怒られたんやーーー。

長方形を選びなさいという問題でなー、
正方形も選らんだんやけどなー・・・(泣)

なんで間違いなんやー、数学的には正解やないかーー!
正方形は長方形の特殊形態やないかー!

・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・・

うーーーむ。で、その事件以来、その子供は
教授の言うことを信用しなくなってしまったそうなんだ。

・・・・この話、なぜか、印象に残ってしまったんだよね。
なんでかしら・・・・。
posted by ちーひめ at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑える!アスペっ子の論理!なるほど〜〜!

2004年1月27日(火)

これは、友達がくれたメール。
可愛かったので、日記に出していいって聞いたら
すぐOKがでた。うはは。

*****

テーブルの上に「むしめがね」が
だしっぱなしになっているのを見つけたちー友

ちー友:誰?これを出したのは。片づけなさい。

Y(息子):出したのは、おねえちゃんだよ。

娘:うそだよ、Yが使ったんだよ。
私じゃないよ。

Y:僕は出してないもん。お姉ちゃんが出したんだよ。

娘:Y、ズルー―イ!もう!

ちー友:誰でもいいから、気付いた人が片づけなさい!

Y:気付いたのはお母さんだよ。

うはははは。ちー友、絶句したと言いながら
大笑いしてました。あはは。

ということで、お休み、みんな。
----

言い忘れたけど、ここで紹介した男の子(↑)は
高性能の自閉症です。お母さんは、躾がわるいとか
愛情が薄いとか批判されて、かなり苦しい時代を
すごしました。

表面的には 普通のわんぱくな可愛い男の子なので、
この子自身コントロールできない障害があるんだ
ということを周りに理解してもらえない事が
とっても多いのです。

でも、そんな中で、いろんな工夫をしながら、
笑いも感動も一杯ある子育てをしている友だち。
彼女のサイトを見てみてね。

http://plaza.rakuten.co.jp/hattatushougai77/

これは、他の日記と一緒に出してたんだけど
独立させて、これだけで出しました。
よろしくね!

ちーひめ
posted by ちーひめ at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

孤児院経営が夢だった

2003年12月13日(土)

うふふ、うふうふ、うふふふふ・・・
(ぶ、ぶきみな出だし・・・と 今 言ったのは誰だ??)

・・・・例によって、例のごとく、空想するちーひめ・・・・

子供が うじゃうじゃ いる 大きい部屋。
大人も数人いる。
みんなが、笑いながらハッグをし合っている。

ここは、ちーひめ が経営する孤児院である・・。

子供たちと職員は、夜のお休みタイムの前に、
全員で20分くらいかけて、
周りにいる誰彼となく捕まえてハッグをし合うのである!!

そして、そしてぇーーー、健やかにぃーー、
愛されていることを体感して 眠るのよーーーん。

と、書くと、今のちーひめが空想しているように
思う人もいるかもしれないが・・・・・

この、空想している能天気 は 中学生の時のちーひめである。

足長おじさんを読んで うるうる はまってしまい、
孤児院を経営したいと思い付いた単純な子供、ちーひめは
空想のなかで、いろんな事を考えていたのであった。

こんだけ、子供がいっぱいいる中で、どうやったら
「自分が自分の個性のまま、理解され、愛されている」と
実感してもらえるんだろう???

一日に3人くらいに絞って、一対一で
ゆっくり話を聞いてあげる時間を取ろうか・・・・??

そして、ちーひめ、愛される 孤児院経営者になるの、うふふ。
「まるで、お母さんのよう」と言ってなつく 子供達・・。
うっとり (← 思い切り 見返りを求めている発想)

と なんで突然、ちーひめ、こんな昔の事を思い出したのか?

ちー友、ゆかいちゃんが、
妹尾榮聖さんと一緒に始めた あるプロジェクト・・・の日記、
それを読んじゃったからなの。

で、そのプロジェクトって何??
それは、妹尾榮聖さんとゆかいちゃんの日記、見てみて〜〜!

2005年ちーひめ注:

妹尾さんの日記、なくなってるよ〜。
ゆかいちゃんのプロジェクト日記も見つからない
でも、↓ ここが、ゆかいちゃんのサイトです!

http://plaza.rakuten.co.jp/yukai810/
落ちが全然落ちにならない日記になってしまったなあ。

えへへ、へんしゅうちょから情報が。。。
妹尾さんのサイトです:

http://plaza.rakuten.co.jp/eishows/

---------------

続く・・と言っても、教育王さとりんのように
格調高く続くわけではないところが、ちー日記である!

うちの会社のコーヒーポットの横には
食べ物が溢れかえっている。
チョコレート、クッキー、ナッツ、キャンディー
果物、ケーキ、パイ、チーズ、ポップコーン、
(省略)と、こんだけ並べても、(省略)が
必要になるほど 並んでいるのである!!

これは、誰でも自由に取って食べていいことに
なっているんだけど、食べても、食べても、
減らないのは、なぜ????

いつの頃だったか、みんなが、なんとなく、
食べ物を持ち寄ってくるようになり、それに加速度が付き
とどまるところを知らなくなってしまったんである。

また、クリスマスが近づくと、多くの方から、
会社宛てに プレゼント(またまた食べ物が多い)が届く。
ますます、置き場所がないほど、食べ物が
溢れかえる 我が社である。掲示板も見てみる
posted by ちーひめ at 01:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 子育て、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

バタ・貧 にならない子供の育て方講座

2003年11月28日(金)

みなさま、

もし、みなさまなら、こういう シーン(↓)で子供に
何といいますっ?

---------------

夕食のテーブルを家族で囲んで、なごやかにテレビを見てる。
(こらこら、そんなテレビ漬けの家庭でどないするねん!)

テレビでは、カンボジアの、インドの、貧しい子供達が・・・。

---------------

ちー友の ひとり 曰く、

こんな事(↓)言われて育つ子は、ビンボ (清貧)
を愛する大人になるよ。

★ ああ・・・・私たちって、私達って・・・
なんて恵まれているのかしらっ・・・・・(感涙!)
OOOちゃん、感謝して、感謝して、
ごはんをひとつぶ ひとつぶ 食べるんですよっ!(涙)

・・・・なんで、これがいかんのやっ??
美しいやないか、感謝の心!!
あんたな、そんな過激な発言してたら、友達できへんよっ!

(↑ ちーひめの リアクション)

え?確かにこの感想もええけど、
もっと、理想高く子供を育てる言葉があるって?
そないに言うなら、聞いたげるわ。
どない言うたらええねん?

ちー友いわく・・・・

★ OOOよ、しっかり飯を食え!
飯を食って大きくなるんだ!
そして、いずれは、大きな成功をして、
多くの人達を幸福にするんだよ!
自分には出来ると信じて、お前は、
本当の成功者になるんだよ!

なるほど・・・・。

ちー友 発、バタ・貧 にならない子供の育て方講座、
でございました。 おほほ。

って、笑ってる場合か!
バタ・貧 という言葉、盗作して(倒錯して?)しまった
おそろしい ちーひめ。

だってぇー、最新の バタ・貧のメルマガ、あまりにも
面白かったんだもーーーん!

取りたい方は、ここから(↓)どうぞ!

target="_blank">http://www.senryakukeiei.com/mag.html

ちなみに、これを言ってくれた人は、実際、億単位の利益を
あげて大成功している人で、その富を社会に還元しています!
富や豊かさそのものは私たちのゴールではない!
それは、もっと大いなる目的のための、道具でしかない。
間違えた自己実現をしないように気を付けなくっちゃね!

サンクスギビング(木曜)の うはうは ちーひめ (時差やなー)掲示板も見てみる
posted by ちーひめ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供たちよ、切磋琢磨して大きくなれ!(ゆとり教育の弊害)

2003年1月27日(木)

人は本来、その魂の中に、
「進化発展」と「安らぎ」の両方を
求める要素を持っている。

あるいは、魂は「進歩と調和」の両方を求める・・・・
と言い換えてもいいかもしれない。

私は、そう信じているので、基本的に、ゆとり教育
というものに疑問を持っています。

教育王さとりんさんの日記(↓)を読んでいたら、

target="_blank">http://plaza.rakuten.co.jp/satorin/

こういう記述(↓)がありました。

>徹底した学力削減教育が行われた結果、
>かえって生徒たちが夢を失い始めていたのです。
>そう、「ゆとり教育」こそが、
>教育の機会を奪っていたのです。

機会の平等と共に、努力が評価される公平な世界。
それを私は望みます。

結果平等を求め、調和だけに走ったとき、
人は、魂の発展という、本来の輝きを無くしてしまう。
その無限の可能性を封じ込めてしまう。

共産主義の崩壊は、それを顕著に証明しているのでは
ないでしょうか。

自分の不幸の原因を、
ブルジョアジーの搾取だとして外に求め、
成功者に嫉妬する体質の辿り着く先は、平等な貧しさ、
これしか、ないのではないでしょうか。

と、話が飛躍しましたが、

私は、子供たちに努力の素晴らしさを知ってもらいたい。

大いなる理想を持って、その本来の光を放って欲しい。
一人一人が、自分の魂が求めているものを探し当て、
それを信じて努力し続けてくれる事を願う。

自由競争のなかでは、否応もなく、優劣はつくでしょう。

子供たちよ、その時、
何があっても、成功者に嫉妬しないで欲しい。
優れた人を心から祝福し、その人から素直に学んで欲しい。

そして、成功した者よ。奢らないで欲しい。
それは、あなただけの力で成し遂げた事ではないのだから。
そして、成功するということは、多くの人の幸福に
より大きな責任を持つという事と同義語だと知って欲しい。

子供たちよ、あなたたちの中には、
ダイヤモンドのような素晴らしい光が宿っている。

それを恐れる事なく、解き放って欲しい。

未来を担う子供たちよ、切磋琢磨して大きくなれ!

教育王さとりんさん、あなたの仕事に心から感謝します。

(ちーひめ、今日の日記、違う文体が入り交じって
中途半端かなーと思って、超真面目に書き直して
みたんだけど、読み直すと自分じゃないみたいなので、
やっぱり、オリジナルに戻しちゃったわ。。。)

あれれ、なんでやねーん、
金曜の日記書いたはずなのに、木曜の日記になってる!!
・・・しかたない・・・・・・・・・(泣)
メールを貼り付けて、元に戻そう!

人騒がせな ちーひめ
掲示板も見てみる
posted by ちーひめ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。