HOMEへ戻る
Google

2009年08月23日

ニカラグア料理って?

今日、友達と、中華料理を食べに行く途中で、
普段通らない道を通ったら、道端に、
さびれた怪しげなレストランがあるの発見。

入り口へんに、
キューバ料理・ニカラグア料理 と書いてある。

キューバ料理のレストランは
ここタンパにもたくさんあるけど、
ニカラグア料理っていうのは初めて見た。

思わず、同じ車に乗ってた友達に報告!!

ちょっとちょっと、あれ見て!ニカラグア料理だって!

そしたら、友達が言った。

ニカラグア料理?
聞いたことないわね、ニカラグア料理なんて。
それに、人も入ってなさそうだし、
あんなところに行くのって、危なそう。
ちーひめ、(まさか)行ってみたい(とか)?

・・・
いや〜、ちーひめ、一人で入るのはちょっと・・・
でも、誰か一緒なら、行ってみたいわ・・・・

と控えめに(???)答えておいたけど
本心は・・・・

中華料理やめて、あっちに行ってみようよぉ〜〜、

と言いたかった。てへへ。

友達は気が乗らなさそうだったので
今回は諦めたけど、次回、誰かと試してみたい。

で、好奇心から、ニカラグア料理を
ネットで調べてみたら、

http://www.mimiyori.com/04-losangeles/la-restaurant/elgaropint/elgaropinto.html

なるほど・・・・
キューバ料理とちょっと似てるかも・・・

http://www.cafeblo.com/eigagohanshigoto/entry-df51b56d3fa53ce889dec8db467af19f.html

バナナが乗ってるパスタ?
これは、ちょっと聞いたことがない・・・・・・・

http://umikai.sakura.ne.jp/kawashima/nikaragua3.html

う〜ん、ニカラグアでは、
飲み物までビニール袋に入れて渡されるとか・・


ちーひめ@ますます好奇心が・・・

posted by ちーひめ at 15:30| Comment(1) | TrackBack(0) | アメリカ・フロリダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

フロリダより:レストランも必死です!

ちーひめは、
フロリダに住んでいるんだけど・・


最近、運転していると、


道端に、人が立っているのを

よく見かける。


彼らは、プラカードみたいなものを
高く掲げて、振っていたりする。


つまり、レストランや、いろんなお店の前で、

客引きをしているのである!


レストラン の 今日のスペシャル とか、


(↑ これが一番多い ↑ )


車のオイルチェンジの特別サービスとか、


税金の季節になると、会計サービスとか、



なかには、

自由の女神の着ぐるみみたいなのを着て

サインを持って、客引きしている人もいる。



この不況下、

商売も、なかなか厳しくなっているらしい。



中で待っていても、客があまり来ないので、

従業員が、外に出て、宣伝しているらしい。

(たぶん)



で、このサイン持った人たちなんだけど、


立ってる位地が悪すぎる!!



サインを見て、

行こうかな、・・・・・と思ったときには

曲がるところを通り過ぎてしまう。。。。



というような

効率悪い場所 (店のまん前)に

立っているのである。



ちょっと興味がわいても、


わざわざ、引き返して行くほどではないから
まあ、いっか、と思って

そのまま、通り過ぎてしまう。



きみたち〜〜、



せっかく、
暑い中、耐えて立ってるんだから、
もうちょっと成果があがるように
工夫したら〜??


と、ちーひめ、内心思っていた。



そしたら・・・・・




おおおおおおお〜〜〜〜



ごりっぱ!!!


昨日、いつもの道を通っていたら


店の位置よりか、ずっと手前に立って、
サインを振っているではないか!


おまけに、サインは、ちゃんと
走ってくる車のほうに向けてある。


サイン見て、興味湧いたら

余裕もって、曲がれるだけの

走行距離が残っているくらいの場所に

ちゃんと立っているのである!!



えらい!えらいぞ、きみたち!




その進歩に、思わず、拍手をおくりたくなった
ちーひめなのであった。


えへへ、


どうでもよい日記でごめんちゃい。(照)

posted by ちーひめ at 12:14| Comment(1) | TrackBack(0) | アメリカ・フロリダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

マイケル・ジャクソンに捧げる

マイケル・ジャクソンの急死。

あまりにも突然だったために
昨日は、どうしても、言葉にできなかった。

マイケルの大ファンであったひとも
それほどでもなかった人でも
この大ポップ歌手の突然の死には
何か、感じるところがあった気がする。

アメリカに長く住んでいる人にとったらなおさら。


世界中で、ファンたちが
あなたの死を悼んでいる。

たったの50歳。



マイケルは幸せだったのかなあ・・・・・・。



いろんな事があった波乱万丈の人生。
良いことも、悪いことも・・・・。



わたしは、転生輪廻を信じているから
思わず、思ってしまう。



マイケル・ジャクソン、
次に生まれ変わってくるときは

あるがままの自分を愛してください、


あなたは、そのままで、
とってもチャーミングだったんだよ。


あなたのような姿になりたいって思う人だって
いっぱいいたんだよ。


無理に、違う人種になろうとしなくても、
あなたは、そのままで、ほんとに魅力的だった。


あなたみたいに踊れて歌える人、
他にいなかった。


どこで道を間違えたのか・・・



でもね、今回、
そんなあなたの急死を知って、
わたしは思ったよ。



わたしの中にも、

あるがままの自分を否定し、いじめ、
絶対に受け入れないと言い張る自分が
生きているって。



ちょっとした自分の間違いにも気づく自分。
平気な顔しても、ほんとは
自分を責めている自分。


自分以外のものになろうとしている自分。




あなたは、
誰にでも分かる形で自分を否定したけど、

もっと見えないところで、
自分を否定している人は、きっと


世界中にたくさんいる。


そう感じた。




マイケル、あなたは、ほんとにステキだった。

無理に外見を変えようとしなくても、
そのままで、ステキだった。


なのに・・・・



周りの人にはハッキリ見えるのに、
本人だけには見えない。


みんな、


自分を愛そうよ



あるがままに愛そう。


違う人にならなくていい。


最高の自分を目指そう!


マイケル・ジャクソン、

あなたは大スターだった。
世界のスーバースターだった。


たいしたファンでも何でもなかった私にも
こんな気づきをくれるくらい
あなたは、ほんとに影響力のある人だった。



ありがとう!マイケル・ジャクソン。



祈りを込めて、



ちーひめ

posted by ちーひめ at 00:25| Comment(1) | TrackBack(0) | アメリカ・フロリダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

カナダも夏は暑いのね・・・

突然ですが。。。

ちーひめ、先週末、トロントに行ってきました。



いや〜〜、びっくり。

カナダも、夏は暑くなるのね・・・。



亜熱帯のフロリダに住んでるちーひめ、


カナダみたいに、緯度が高いところでは
夏はあって、なきがごとし・・・

と根拠なく、信じ込んでいた。


が、しかし・・・

太陽が出ると、夏はやっぱり暑いのである!!

(当たり前か・・)


で、ちーひめ、暑いなか、
ナイアガラの滝に行ってきた。


観光船に乗って、
滝を下から見上げてみたら・・・


ああ!


大量のかき氷が
なだれのように落ちてくるではないか!!


で、薄緑の透明なシロップが

そのかき氷のとっぺんに
チロチロっとかかっているんである。


もちろん、かき氷というのは、
ほんものの氷ではなくて、

たんに、泡だって白くなってる水なんだけど・・

ほんとに、かき氷そのもの!
 

で、シロップがかかっているように見える所の色は、

ちょっと緑がかったラムネのビンのよう。



(青いビンではありません。緑がかったビンです。)



って、全然想像できないかしらね・・。



以下は、カナダの友人が、撮ってくれた写真。

(シルエットはちーひめ。逆光だったのよ〜ん)


IMG_0620.jpg

IMG_0629.jpg

IMG_0626.jpg


写真になると、ちょっと感じが違う・・・・

あの緑の透明感も、
そして、あの、すごい量のかき氷も・・



ああ・・・

なだれ落ちる大量の

かき氷を見せてあげられなくて残念!!


あ!言い忘れたけど、

亜熱帯のフロリダだって、冬は寒いときあります。
零下になることも、たまにあります。


五月くらいだって、朝とか涼しいときもあります。


なるほど、カナダの夏が暑くても
お互いさま。(← 意味不明)
 


ちーひめ@腕も顔も日に焼けてしまった・・・ああ!せっかく、美白の肌を目指していたのに!
タグ:カナダ
posted by ちーひめ at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ・フロリダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

フロリダだって雹(ヒョウ)が降ります!

突然ですが・・・・

フロリダだって、ヒョウが降ります!

知ってました?

現に今、降ってます。ひゃ〜〜〜!

しかも、大雨に混じって。

バケツをひっくり返したような雨って言いますが、
まさにそれ。 ますます、ひゃ〜〜!

そろそろ、仕事やめて、
うちに帰ろうかな〜〜と思って、ふと外を見たら・・・

ああ、嘘でしょう!

さっき、一回、
雨がやんで、太陽が出てたのに
また、雨・・・・・。

そしたら、同僚が、わたしの部屋に呼びにきた。

ちーひめ、来て見ろ、雹だ、ひょう!!

え?雹だって???


慌てて、そとを見てみたら、

ひゃ〜〜、

パシパシパシっ って音がして

小さな氷のかけらが
駐車場のコンクリートにあたって
飛び散ってる・・・・・


そういえば、ここ、亜熱帯のフロリダでも、
なぜか、突然、雹は降ることがあるのよね、
たまにだけど。


雪が降るのは見たことないけど・・・。



ここは雷の都、タンパ、フロリダ。

ゴロゴロ、といって家が揺れ、すごい雨とともに
雹が降る。。。。。これって、すごくない?


もうちょっとして、落ち着いたら、帰ります。


ちーひめ@仕事は終わりました。
posted by ちーひめ at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ・フロリダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

フロリダより:屋根裏のラクーン

(注:食事中の人は 読まないで ください!)

うちの書斎の天井には、
直径20センチほどの丸いしみがある。

ここ数ヶ月、気になってはいた。

普通、こういうしみができる時は、
雨漏りをしている時である。

しかし、雨が降っても、

ぽっとん、ぽっとん
、という
例の、しずくが落ちる音がしないので、

何か変だ・・
とは思っていた。

そしたら・・・・

今日、家の修理に来てくれた人が
屋根裏を調べて、こう言った。


「あのしみは・・・・、
じつは、言いにくいのですが・・・

ラクーン
おしっこ
です!

ほかにも、落し物(う○ち)が一杯

周りに落ちていました・・・」


え〜〜〜〜〜〜っ、うっそ〜〜!
ラクーンの・・・・おしっこ・・・・・だって〜〜!!

そうだったのか〜!なるほど〜!

ここで、ちーひめの頭に
3ヶ月前ほどのできごとが点滅した。

実は、ちーひめの屋根裏には
一年くらい、ラクーンが住み続けていたのである。
(恥)

そして、そのラクーンたちを
3ヶ月くらい前に、ワイルドライフ・ソルーションズ
という会社に頼んで、生け捕りにしてもらって、
遠くの森に返してもらったのだ。

ちなみに、
ラクーンというのは、アライグマみたいな
かわいい小動物である。

cute.jpg







でも、うっかり噛まれたりすると
狂犬病などの危ない病気になったりする
こわい野生動物でもある。

wild.jpg








で、簡単な計算をするとすぐ分かると思うが
ラクーンがはじめて屋根裏に住み始めたのは
一年3ヶ月くらい前のことである。

あるとき、真夜中に、突然、 変な音がした。
屋根の上へんからの音である。

きゃ〜〜、押し入り強盗とかだったらどうしよう・・

ちーひめは、恐怖のあまり、片手で電話を握り、
911(日本でいう119番)にダイアルしようと息を潜めた。

が・・・・しかし・・・・・

おかしい。何かが、おかしい。

人間にしては、音が軽すぎるというか、
体重を感じさせない音なのである。

が、かと言って、リスほどは軽くなさそうだ。

とりあえず、強盗ではなさそうだと分かり、
胸を撫でおろして寝ることにした。

たぶん、ちょっと迷って入り込んだだけね。
そのうち出口を探して出て行くわ、きっと。

と、ちーひめは、安易に考えていた・・・。

が、しかし・・・・何としたことか、
まるで、勝手知ったる楽しい我が家とでも言うように
その小動物たちは、夜になると帰ってくる。

最初はびびったものの
そのうち慣れてきて、しかも、音がすることを除けば
特別困ることもないので、そのままにしてしまった。

(要するに、何とかするのが面倒くさかっただけ)

しかし、あまりにしつこくやってきて、音を立てるので
ついにたまりかねて、専門家に電話した・・・

というわけである。

そしたら・・・・なんと全部のプロセスが

9000ドル 
以上かかるという。

ひゃ〜〜〜。日本円で90万円くらいだ。

そこで、
屋根裏のインシュレーションの入れ替えとか、
細かい修理はちょっと待ってもらって
とりあえず、ラクーン対策だけしてもらった。

(だって、屋根裏なんて、そうそう見ないし・・)

で、その費用、すこし安くなって、3200ドル。

しかし、5年間の保障もついているし、
ラクーン事件は既に解決したとばかり思っていた。

まさか、こんなところで、また

ラクーン
住んでた
(?)に


遭遇
してしまうとは・・。

しかし・・・あのときのラクーン、今、どこで
何をしているんだろうか。



住みやすい家を追い出されてしまった
ラクーン一家のことを思うと、ちょっとだけ
心が痛む ちーひめなのであった。。。。。。。

ちーひめ@それにしても・・・怠惰って高くつくのね・・・(涙)

posted by ちーひめ at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ・フロリダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

ちょっと涼しいフロリダより

ばっし〜〜ん、

中くらいの音がして
ちょっとだけ、(会社の)部屋が揺れた。

ん????んんんんん?
一体何が起こったの???

と窓越しに見てみると、

うっそ〜〜〜〜〜

羽が飛び散ってる!
すごいスピードで飛んでいた鳥が、
ガラス窓にぶつかったらしい・・・・・・

ひゃ〜〜、大丈夫だった?
大丈夫なわけないわね・・・・・・。
ブラインドかかってるのに、どうして〜??

でも、しばらく休んだあと、どっかに
飛んでいったみたい。

そういえば、今朝、会社に来る途中の道を
白い鳥が何羽も歩いていて
近づいても、悠々と道の真ん中を動かないから
正直、ドキドキした。
やっと、飛んでくれたけど、もう少しで
車にぶつかりそうな感じでひやひやした。

今まで、一度だけ、運転中に
鳥が飛んできてぶつかったことがあった。
あれも、衝撃だった。

ほんと、鳥さんたち、羽あるんだから
ちゃんと危険を避けて、生き延びてね。お願いね。
わざわざ車にぶつかってこないでね・・

と・・・いう、このわたくし、
ときどき、ぼ〜〜っと歩いていて、壁にぶつかる。

がんっ、いたた、という声を聞きつけた同僚に
よく笑われるのである。

鳥のことを心配している暇があったら
壁やドアにぶつからないように歩けよ、といわれそうで
わたしは、同僚には、鳥の話をしなかったのであった。

それだけのお話です。
(久しぶりに日記書いたと思ったら、これかよ〜)
posted by ちーひめ at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ・フロリダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。