HOMEへ戻る
Google

2007年07月14日

最高の笑顔の作り方(??)

突然ですが・・・
みんなにはないかな?

笑顔の写真を見てるんだけど
何か、表情に違和感があるな
って感じるときが・・。

私の場合はね、
独断と偏見なのかもしれないけど、

「顔が笑ってるのに、目が笑ってない!」

そんな気がする写真を見るときって
違和感を感じるなあ。

逆に言えば、
目の奥が笑ってる写真を見るとき、
ああ、この人の笑顔、本物だなあ
って感じるんだよね。

でもね、
不自然な笑顔は駄目って言われても、
写真撮る時、はい、笑って〜っ
て促されるし、結構緊張して
なかなか難しいものがあるよね。

それで、仕方なく笑って見せても、
やっぱり、なんか不自然な顔になる。

そういうときの対策って、みんなある?

私の場合はね、
自分がどんな顔になってるかなんて
気にするのはやめて、
笑顔を作ることもやめてしまうの。

そのかわり、
自分がすごい幸せだなあ〜って
思う光景を思い浮かべたり、
すごい楽しい場面を思い出したり、
とにかく、心を嬉しいことで満たすの。

そうすると、それに連動して
顔も自然に嬉しそうな笑顔になるみたい。

無理に表情を作ろうとすると失敗するけど
心の中にまず笑顔を作るといいみたい。

ってことはよ、
人の写真を撮ってあげるときもね、
チーズとか言うのはやめて
(1 + 1 = にぃ〜〜ってのも駄目)
思わず笑いたくなる様な話をしてみたり、
楽しい話題で盛り上げて、
みんなが笑顔になった瞬間を撮る、
っていうのが効果的かも。

ちなみに、私が
思い出すだけで笑ってしまう光景のひとつは
友だちの子供が描いた亀の絵。

幸福な風景をいくつも
すぐに取り出せる引き出しに入れておきたいな。


posted by ちーひめ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと、感じること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

笑いすぎて苦しい時????

えっと〜、突然だけど、みんなは笑いすぎて
死ぬほど苦しかったこと、ある?

ちーひめは、何度かある。

あれは、本当に苦しいよね〜。
胸が苦しくて、息ができないというか、
お腹へんの筋肉も引きつる感じがするし、
ぜいぜい言ってるのに、でも、笑いが止まらない。
く、く、苦し〜〜〜〜。

笑いすぎるのも、苦しいけど、
笑いを我慢するのも、また、これ、苦しいよね〜〜!

厳かな式典か何かの最中に、
突然、オカシイことを思いだしちゃって
笑いがこみ上げてくるのに、状況柄、笑えないとき。

あれもまた、肉体的に、かなり辛いものがあるよね〜〜〜。
顔をヒクヒクさせながら、我慢する辛さ。

なんとか違うことを考えて、持ちこたえようとするが、
やっぱり可笑しくて堪らない。(困った奴)

え?痛みや痒みより、随分ましだろうって??
確かにそうなんだけど〜〜〜〜、

ということで、ちーひめ、今から寝ま〜〜す!
(と、突然、わけが分からないまま、終わるのであった。)





posted by ちーひめ at 15:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 思うこと、感じること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

ピノキオ?いつもの空想が・・・

2004年1月30日(金)

ドックン、ドックン、ドックン・・・・・

むむ、まただ!やだなぁーーー。

え?これは、いったい何なんだって??うはは。

車で信号待ちしているときにねーーー
隣の車がドアを開けたまま、すごい音でラップか何かを
聞いている時に起こる現象なんだよねーーー。

自分の車の窓は締め切っているから
細かいメロディーは分からないんだけどさ・・・・
ビートだけが・・
一種の振動となって車に伝わってくる状態なわけよ。

でもって、ちーひめの車が
ドックンドックン振動してるんである。
とっても神経に触る感じ。

おわかり?おわかりでしょうか??

(イマイチ実感が湧かないとおっしゃる方、許して、うはは。
ここは、こっこはぁーーー、アメリカよーーーん。)

こんな時は、いらいらしても仕方ないので
いつもの空想が始まる。

ちーひめは、チノキオ と改名。
今は、鯨の胃の中にいるんである・・・。ぞわっ。

近くで鯨の心臓の音が聞こえるんである・・。

ドックン、ドックン・・・。

ああ、ちーひめ ざんげしないといけない。
日頃の嘘の数々・・・。

ちーひめ、早寝早起きの超良い子なのぉーー。
(するる、鼻が伸びる)

おまけに、常に冷静沈着、(するする、鼻が伸びる)

動きは優雅でお淑やか (するするするーーっ)

静かに微笑む麗しさ、大声で下品に笑ったり
絶対致しません(するるるるるるーーーーーーーー)

うむ、この鼻で 鯨の胃をつつこうかしら・・・。
ひとりでも戦って、生き延びなきゃ!!

でも、胃酸にやられたら、お肌に悪いわ・・・・
できるだけ、胃酸に触れないようにしなきゃ
いけないわね・・・・ (おいおい)

あ、あの声は、おじいさん、おじーーーーーさーーーーん、
暗くてコワイよぉーーー、助けてよぉーーーー。

と・・・このへんでいつも信号は青になるのであった。

ちーひめ

掲示板も見てみる
posted by ちーひめ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと、感じること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胃が3つくらいあったらいいな

2004年1月2日(金)

あのぉー、突然だけどさ、みんなは

「胃が3つくらいあったらいいのになー」

と思ったことない?ちーひめは、今日、思った。

友達のところでご飯が出たんだけど、
その時お腹いっぱいだったので、とても食べられなかった。
せっかく作ってくれたのに、申しわけなかった。

こういうとき、第2の胃が常備されてて
非常事態のときに、蓋があいて食べ物を受け入れてくれたら、
とっても便利だとおもう。

上海蟹を食べるときも、胃が3つくらいあったらいいな。
まとめていっぱい食べて、2日くらい何も食べないで過す。

うーーーん、いいなあ。(おいおい)

ちーひめ掲示板も見てみる
posted by ちーひめ at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと、感じること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の風景(障害の奥にある魂の本当の姿)

2003年12月18日 (木)

今、静かな雨が降っています。
そんな雨を窓越しに見ていると、なぜか思い出す風景があります。

小学校の低学年だったころ、
私は 自分が描いた乙姫様の絵を 窓ガラスに貼っていました。

これは、私の同級生だった女の子を描いた絵です。

彼女は、生まれてすぐ高熱を出し、知恵遅れとなりました。
両親 祖父母ともに、とても上品で知性的な教育者達だったので、
彼女も、この病気さえなければ、とても利発な子供だったに
違いありません。

わたしは、なぜかこの子が気になってたまらず、いらぬ
お節介をよくしていました。

けっこう いじめられたりしているのが可愛そうで、
私の思いの中では、「かばってあげている」という感覚が
かなりあったのです。

ところが、ある日私は 触れられるほど はっきりとした夢を
見ました。その夢の中には、その知恵遅れの女の子が
羽衣をまとって 天女のような姿で立っていました。

彼女は 何も言わず そこに立っているだけなのだけど
匂いたつほど美しく、高貴でした。そして、最後に にっこり
笑ったかと思うと、静かに空に昇っていったのです。

夢の中で、小さい私は泣いていました。
障害者として生まれたその姿は仮の姿であり、彼女の本来の
魂の姿は、あの輝く天女なのだ・・という事が
言葉を超えて分かったのでした。

普通なら夢など覚えていないのですが、この夢だけは、あまりに
リアルで、私は、目覚めて暫く ぼーーーーーーーっとして
その夢を反芻していました。

そして、その夢を絵に描いて、窓に貼ったのでした。

その時、窓越しに静かな雨が降っていました。

私は、その乙姫様の絵を暫く見つめて、
そして、窓ガラスを伝う 雨のしずくに 目をやりました。

そして、まるで窓が泣いているようだなあ・・・と思いました。
その時の感情が、今でも、蘇ります。

あの子は、いまごろ どうしているのでしょうか・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで、切り番の宝くじのことなんだけどねーー
ナンバーを送ってもらったので、さっそく、明日にでも
買いに行きます! 結果が出るのは 土曜の夜。
楽しみだなあーーーーー!

次の切り番は、20、000 にしようかな。
(しばらく時間があるな、あははは。)

そうそう、よびりんさんに頂いた 「幸せ」を呼ぶ30個の
ダイヤモンド、読みました。泣きました。

良い事聞いたなあ・・だけで終わらせないように、
実践に繋げるからねーー、よびりんさん!

そうそう、もう、この本、楽天かアマゾンでしか
買えないそうなので (ゆかい、グーさん 情報のパクリ?)
欲しい人は、できるだけ早く注文してね!

掲示板も見てみる
posted by ちーひめ at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと、感じること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸福でいてくれて有り難う

2003年12月16日(火)

あっ、いけない。こんな所で泣くのは不自然だわっ!
ああ、どうしよう。不気味な奴だと思われそう。

(と 顔を隠す ちーひめ)

私は 最近、幸福そうな人達を見ていると、
なぜか胸が一杯になって 泣けてきたりするのです。

例えば・・・・・・
パレードで嬉しそうに行進するチアガールの女の子たち。

目立つ程奇麗な子も、そうでもない子も、
みんな、肌の奥から光が出ているようで、とても奇麗。

そうやって、ぼーーーっと見ていると、いろんなシーンが
頭を点滅し始める。

ねえ、ねえ、お母さん、
こっちのリボンと、こっちの髪飾りとどっちが似合う?
ねえ、この Tシャツ ちゃんと フィットしてる??

そんな事を言いながら、
母親の前で くるっと回って見せたりしている 女の子。
一見平凡に見える子たちも、この晴れ舞台のために
どきどきしながら 準備したのだろう。

あの奇麗な子。自信たっぷりそうに見えるけど、ほんとは
辛いこと、一杯あるのかもしれない。

そんな事を思い浮かべながら、一人一人の輝く笑顔を見ていると、
なんだか、涙がじわーーーーっと出てくる。

若いあなたたちの前には 無限の可能性が広がっている。
そんな あなたたちに 幸 多かれ! ・・・・

などと 思わず、
思い切り おばさん(おばあさん?)をしてしまう。

また、テーマパークなどで見かける、
幸福そうな家族づれを見ても、胸がいっぱいになることがある。

これらの人達にも、いろんなドラマがあるのだろう。

いろいろ やりくりして、
やっと子供を連れてくることができた人もいるかもしれない。
そして、喜ぶ子供を見て、ああ来てよかった・・
なんて、心から嬉しく思っていたりするかもしれない。

・・・・・などと、空想は果てしなく広がり、またまた、
涙がじわーーーっと出て来たりするのである。

「みんな 幸福でいてくれて有り難う!(涙)」

などと、余計なお世話的感想を 思わずつぶやいてしまって
我ながら 恥ずかしくなったりしてしまう今日この頃である。
ーーーー

---------

で、今日、みんなに紹介せずにはいられないのが
キラキラ星★さんの日記 (↓)

2005年ちーひめ注:この日記閉鎖してます、ごめんね。

ダウン症の息子さんのいるお母さんの日記なんだけど、
明るくて、可愛くて、読みながら、あははは
と思わず笑ってしまう。で、笑っているんだけど、なぜか
涙も同時にじわーーーーっと出てくる。

このダウン症の男の子、何にでも一生懸命で、元気で
楽しい。負けん気も強くて、努力を惜しまないから、
いろんな事を自分でできるようになっていく。
そんなところも、思わず応援せずにいられない。

家族の愛の光をいっぱいに受けて、この子は
ひまわりのように すくすく 育っているんだなあと思う。
家族の絆を一層強める、宝のような 子供。
感動します。

ぜひ、読んでみて下さい。
ーーーーーーーーーーーーーー

あのーー、えへへ、
10、000番の切り番プレゼントの事なんだけどぉー
軽くて、送りやすいものって、言うと・・・

そうね、例えば、フロリダの宝くじとか・・・

でもな、なまじ何億円も当っちゃうと、
身を持ち崩されちゃうかな・・・・・・・・・・・。

(おいおい、当ると思っているのか、君は! いやーー、
それは、分からないよ・・)

まあ、切り番踏んだ人が分かったら、その時、決めよう!

のんきな ちーひめ掲示板も見てみる
posted by ちーひめ at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと、感じること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。